2018年今年の母の日に対する花屋の想い | 銀座の花屋KT.Flower

2018/05/09
銀座の花屋KT.Flowerのギフト 母の日

5月13日(日曜日)は今年の「母の日」です。
毎年、お花に限らずこの日に普段なかなか言えないお母さまへの感謝の
気持ちを伝えるとともに、贈り物をする方も多いと思います。
私もこの日はいつも恥ずかしくて言えない気持ちを母に伝えています。

 

さて、この「母の日」一体いつから始まったのでしょう。

 

「母の日」が始まったのは1910年のアメリカ・ウエストバージニア州で、
その後アメリカ全土に広まり、1914年に正式に「母の日」として正式に制定されました。


「5月の第2日曜日を母の日にする!」と当時のウエストバージニア州知事が
宣言した背景には、アンナ・ジャービスという女性の働きかけがあったと言われています。

アンナの母親・アン・ジャービスは南北戦争で負傷兵のケアを行っていた女性で
その負傷兵の衛生状態を改善する組織「マザーズデー・ウォーク・クラブ」を立ち上げ、味方兵のみならず、敵兵のケアも献身的に行ったとされています。

 

アンが亡くなった2年後(1907年)の5月12日に娘のアンナは教会で亡き母を追悼する会を行い、その参加者に亡き母・アンが好きだった「白いカーネーション」を配りました。

 

これが「母の日」の始まりとされており、アンナの行動によって「白いカーネーション」が母の日のシンボルとなりました。

 

日本ではじめての母の日のイベントが行われたのは明治時代末期で、当時教会で行われ、人々の間に広まりました。

 

「母の日にウチのギフトを是非買ってください」と言いたいところですが、
贈り物がなくても、お母さんに恥ずかしがらずに「想いを伝える」
世界中がそんな1日になることを、花業者として願っています。

 


-----  銀座でおしゃれなお花をお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営業。自店配達もしています。

オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのギフトにします。

 

取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc

 

〒104-0061

東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F

 

tel:03-5550-9295