明日の花言葉~8月28日~ | 銀座の花屋KT.Flower

2018/08/27
銀座の花屋KT.Flowerのギフト 花言葉 誕生花 キキョウ

明日の誕生花とその花言葉をご紹介しています。

 


そもそも誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花です。
1~12月までその月の誕生花が決められているだけでなく、
1~31日まですべての日に花があてはめられています。
(その日ごとに数種類の誕生花があります)

 

お花のギフトを贈る際のご参考にしてはいかがでしょうか。

 

 

明日、8月28日の誕生花は...


【  キキョウ(桔梗)  】


花言葉は 「永遠の愛」、「誠実」、「清楚」、「従順」

 

 

【プロフィール】
●キキョウ科キキョウ属 耐寒性多年草
●学名    Platycodongrandflorus
●花期       6月~10月

 


陽当たりの良い山野に自生することもある【多年草】の植物で、「秋の七草」のひとつです。

 

【秋の七草】※下にもう少し詳しく書きますね。
・萩     (ハギ)
・尾花    (オバナ ※ススキのこと)
・葛     (クズ)
・撫子    (ナデシコ)
・女郎花  (オミナエシ)
・藤袴    (フジバカマ)
・桔梗    (キキョウ ※朝貌の花)

 

 

キキョウの名前の由来は、漢名の桔梗の音読み「キチコウ」が転訛し後に「キキョウ」になったといわれています。古名では「朝顔」と呼ばれ、『万葉集』で秋の七草として詠われた「朝貌の花」もキキョウであると考えられています。

 

英語ではつぼみがふくらんだ風船のようなので「バルーン・フラワー(Balloon flower)」と呼ばれます。

 

 

花言葉の「永遠の愛」や「誠実」は、キキョウが恋人のために一生涯、ただ待ち続けた若い娘であったという物語(Balloon flower was a young girl who spent her lifetime waiting for her lover and without any results.)に由来するともいわれています。

 

 

また、キキョウの根はサポニンを多く含むことから生薬(桔梗根)としても利用されます。去痰、鎮咳、鎮痛、鎮静、解熱作用があるとされます。主な産地は韓国、北朝鮮、中国です。

 

 

※秋の七草とは、奈良時代の貴族で歌人の山上憶良が『万葉集』に詠んだ2首が由来とされています。(下に書きます)

 

「 秋の野に  咲きたる花を指折り(およびをり)
   かき数ふれば  七種(ななくさ)の花  」

 

「 萩の花  尾花  撫子の花
       女郎花  また藤袴  朝貌の花  」

 

※「朝貌の花」は、アサガオ、ムクゲ、キキョウ、ヒルガオなど、諸説ありますが、キキョウとする説が最も有力なようです。

 

 
-----  銀座で花屋をお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営業。自店配達もしています。


オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのギフトにします。


取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc


〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F


tel:03-5550-9295