明日の花言葉 ~20月27日~ │ 花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ

2018/10/26
花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ 花言葉 誕生花 ランタナ

明日の誕生花とその花言葉をご紹介しています。

 


そもそも誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花です。
1~12月までその月の誕生花が決められているだけでなく、
1~31日まですべての日に花があてはめられています。
(その日ごとに数種類の誕生花があります)

 

お花のギフトを贈る際のご参考にしてはいかがでしょうか。

 

 

明日、10月27日の誕生花は...


【  ランタナ  】


花言葉は    「協力」、「合意」、「厳格」

 

 

【プロフィール】

 

●クマツヅラ科  ランタナ属  常緑低木
●学名    Lantana camara
●花期       1月~12月

 

 

ランタナは、もともと中南米原産の熱帯植物です。17世紀頃ヨーロッパに伝わり、色鮮やかでこんもりと固まって花が咲く様子が評判となり、ルネサンス時代の庭園で栽培されるようになりました。

 

現在は、世界中の熱帯・亜熱帯地方に広く分散し、帰化しています。日本では、沖縄や小笠原諸島での自生が確認されます。

 

熱帯植物ですが、ある程度の耐寒性もあり、とても丈夫で育てやすいので、関東地方くらいまでは、屋外の園芸種としてガーデニングに利用されています。屋内で楽しむ鉢花としては、全国的に流通しています。

 

小さな花が球状に咲く姿は、ミニミニサイズのアジサイのようです。しっとりしたイメージの紫やピンクのアジサイと違い、熱帯植物らしい暖色系の鮮やかな花色が、夏らしい雰囲気を演出します。花期が長く、秋口まで楽しめる花です。

 

 

【名前の由来】


ランタナの半球状の花穂は、周りから咲いていきます。
日を追うごとに内側に向かって咲き進みます。

 

ランタナの花は時間の経過により、花色がだんだん変化していく特徴があります。全部の小花が咲き揃う頃は、外側と内側で花色が異なる半球になっています。

 

見る見る花色が変わっていく様子から、

「七変化(シチヘンゲ)」という和名がついています。

 

 

【花言葉】

 

「合意」や「協力」の花言葉は小花が半球状に集まって咲く姿から、多くの人が集まって協同しているようなイメージにつながったことで生まれた花言葉です。

 

 

【侵略的外来種】

 

花は美しく、丈夫で育てやすいので、ガーデニング初心者向きですが、繁殖力が強すぎて、うっかり野生化させると在来種を駆逐する恐れがあります。

 

日本の冬は寒いので、本州で野生化は滅多にしませんが、東南アジアやオーストラリアでは、グラウンド・カバーに植えられた多年草が繁殖し過ぎて困るケースが続発しています。

 

 

-----  花屋を銀座近辺でお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営
業。自店配達もしています。


オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのおしゃれなギフトにします。


取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc


〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F


tel:03-5550-9295