明日の花言葉 ~4月27日~ │ 花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ

2019/04/26
花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ 花言葉 誕生花 デンファレ

明日の誕生花とその花言葉をご紹介しています。

 

そもそも誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花です。
1~12月までその月の誕生花が決められているだけでなく、
1~31日まですべての日に花があてはめられています。
(その日ごとに数種類の誕生花があります)


お花のギフトを贈る際のご参考にしてはいかがでしょうか。

 

 

明日、 4月27日の誕生花は

 

【  デンファレ(デンドロビウム・ファレノプシス系)   】

 

花言葉は...    「わがままな美人」 「お似合いのふたり」 「有能」

 

 

【プロフィール】
 

●ラン科 デンドロビウム属  多年草
●学名    Dendrobium phalaenopsis
●花期       9月~11月
●和名    デンファレ(デンドロビウム・ファレノプシス)
●別名    デンドロビューム、デンドロ
●英名    Dendrobium

 


デンファレは東南アジア原産の多年草です。デンドロビウム属はラン科の中でもっとも種類が多く、確認されている原種だけでも1000以上あるとされます。

 

デンファレとは、南太平洋のチモール諸島原産のデンドロビウム・ファレノプシスを中心として、これに近縁種を交配した園芸品種の略称の事です。

 

デンファレは、一般に「デンドロビウム」と呼ばれている花とは別の種類で、多肉質の太い茎があり、バルブと呼ばれる偽鱗茎の頂部近くから細長い花茎を伸ばすのが特徴で、枝垂れるように連続して花をつけます。

 

花色は、白や淡緑、濃桃、赤、黄、紫など変化に富んでいます。

 

 

【名前の由来】

 

属名の学名「デンドロビウム(Dendrobium)」は、ギリシャ語の『デンドロン「dendron(樹木)」』と『ビオン「bion(生活する)」』という意で、樹上に着生することにちなみます。

 

ちなみに、名前の「デンドロビウム・ファレノプシス(Dendrobium phalaenopsis)」のファレノプシスとは、「ファライナ(蛾)」と「オプシス(似る)」という意で、デンドロビウムからファレノプシス胡蝶蘭)のような花を咲かせるという意味によります。

 

英名は「Dendrobium(デンファレ)」です。

 

 

【花言葉】

 

花言葉の「わがままな美人」はデンファレの華やかさや美しさに由来するといわれています。

 

 

【デンドロビウム・ファレノプシス】

 

「ファレノプシス」というのはコチョウラン(胡蝶蘭)の事で、デンドロビウムのファレノプシス系の花という意味です。

 

コチョウラン(胡蝶蘭)との交配種ではなく、ただ花の形が似ているということだけで「ファレノプシス系」と名付けられました。

 

 


-----  花屋を銀座近辺でお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営業。自店配達もしています。


オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのおしゃれなギフトにします。


取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc


〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F


tel:03-5550-9295