明日の花言葉 ~5月14日~ │ 花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ

2019/05/13
花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ 花言葉 誕生花 オダマキ

明日の誕生花とその花言葉をご紹介しています。

 

そもそも誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花です。
1~12月までその月の誕生花が決められているだけでなく、
1~31日まですべての日に花があてはめられています。
(その日ごとに数種類の誕生花があります)


お花のギフトを贈る際のご参考にしてはいかがでしょうか。

 

 

明日、 5月15日の誕生花は

 

【  オダマキ(苧環)   】

 


花言葉は...    

 

〈紫のオダマキ〉        勝利への誓い
〈赤いオダマキ〉        心配して震えている
〈白いオダマキ〉        あの方が気がかり
〈色の関係ない花言葉〉     愚か

 

 

【プロフィール】
 

●キンポウゲ科 オダマキ属属  耐寒性宿根多年草
●学名    Aquilegia
●花期       4月~6月
●和名    リンゴ(林檎)
●別名    別名: 糸繰草(イトクリソウ)、アキレギア
●英名    Columbine

 


オダマキ(苧環)は、日本、アジア、ヨーロッパなど北半球の温帯地方が原産の多年草です。

 

オダマキは日本が原産とする植物で、「ミヤマオダマキ」と「ヤマダオダマキ」の2種が分布しています。

 

現在、広く栽培されているものは、青紫と白のコントラストが美しい「ミヤマオダマキ(深山苧環)」から品種改良されたといわれます。

 

晩春から初夏にかけて咲き、ユニークな花の造形美から人気があります。

 

山野草の趣が強く、清楚な雰囲気をもつ日本産のポピュラーな種類をオダマキと呼び、高性で大輪の華やかな色が多いヨーロッパ原産のものを「セイヨウオダマキ」と区別しています。

 

生花店で出回っているものの多くはこの「セイヨウオダマキ」です。

 

 

【名前の由来】

 

属名の学名「アクイレギア、またはアキレギア(Aquilegia)」は、ラテン語の「アクア(水)」と「レギア(集める)」という意で筒状の花形から、または花の距が鷲の爪に似ることから、ラテン語の『アクィーラ「aquila」(鷲)」に由来するとされます。

 

和名は「オダマキ(苧環)」といい、機織りの際に用いる糸車がこの花の形に似ているところから名づけられました。また、別名も「イトクリソウ(糸繰草)」です。

 

英名は「Columbine(コランバイン)=鳩のような」の意で、これは花の形が鳩の巣に似ているからとされ、フランスでは「聖母の手袋」と呼ばれているそうです。

 

また、ライオンが好んで食べる草に似ていることと、葉の形がギザギザしてライオンの歯に似ていることから、以前は「ライオン草」と呼ばれていたこともあったそうです。

 

 

【花言葉の由来】

 

かつてヨーロッパでこの植物がライオンソウと呼ばれていたことは上述しましたが、ライオンがこの葉を食べるので非常な力があるといわれ、人間が両手に葉をこすりつけるだけで勇気がでると信じられていました。

 

紫のオダマキの花言葉「勝利への誓い」はこの話にちなみます。

 

赤いオダマキの花言葉「心配して震えている」は、この花がヨーロッパでは「捨てられた恋人」のシンボルになっていることに由来するといわれます。

 

 

【花に見える部分は花じゃない!?】

 

オダマキはユニークで魅力的な花の形をしていますが、よく見ると、3段構造のようになっています。

 

いちばん外側のものは、花の後側(裏側)に向けて、ツンと角が立っているように細い突起状に伸びています。

 

実は、このツンとした部位は花びらではなく「距(きょ)」という突起で、その内側の大きな花びらのようなのは「萼(がく)で、一番内側の閉じ気味で筒状になっているところが本当の「花びら」です。

 

 

 

-----  花屋を銀座近辺でお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営業。自店配達もしています。


オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのおしゃれなギフトにします。


取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc


〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F


tel:03-5550-9295