明日の花言葉 ~7月5日~ │ 花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ

2019/07/04
花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ 花言葉 誕生花 ラベンダー

明日の誕生花とその花言葉をご紹介しています。

 

 

そもそも誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花です。
1~12月までその月の誕生花が決められているだけでなく、
1~31日まですべての日に花があてはめられています。
(その日ごとに数種類の誕生花があります)


お花のギフトを贈る際のご参考にしてはいかがでしょうか。

 


明日、 7月5日の誕生花は


【  ラベンダー  】


花言葉は...    「沈黙」 「私に答えてください」「期待」 「不信感」 「疑惑」

 


【プロフィール】

 

●シソ科  ラバンデュラ属  常緑小低木
●学名    Lavandula
●花期       4月~7月
●和名    ラベンダー
●別名    薫衣草(クンイソウ)
●英名    Lavender
●原産    地中海沿岸

 

ラベンダーは、地中海沿岸やカナリア諸島が原産の常緑性の小低木(多年草)です。

 

ハーブとして認知度が高く、ヨーロッパでは古くから香りの高い薬草としても使用されてきました。

 

また、この属には約20種あり、その中の10種から芳香油が採取されるとされています。

 

ラベンダーは、数あるハーブの中でもとくに人気があり、白や紫・ブルー・ピンクなどの花を咲かせ、花だけでなく草全から香り高い芳香を放ち、「香りの女王」と呼ばれています。

 

 

【名前の由来】

 

属名の学名、「ラバンデュラ(Lavandula)」はラテン語の「lavo(洗う)」や、イタリア語の「lavanda(洗いもの)」に由来し、古い時代には、この花の香りで沐浴したことにちなむとされます。

 

英名は「Lavender(ラベンダー)」、「English lavender(イングリッシュ ラベンダー)」。

 

別名は「クンイソウ(薫衣草)」です。

 

 

【花言葉の由来】

 

花言葉の、「沈黙」は」ラベンダーのハーブとしての効能「精神の安定作用」に由来するそうです。

 


【ラベンダーの種類】

 

ラベンダーは大別すると、薬効成分も高く強い芳香をもつ「イングリッシュ系」、甘い香りの「ラバンディン系」、半耐寒性の「フレンチ系」、繊細な葉を持つ「レース系」などに分けられます。

 

 

●イングリッシュラベンダー

 

イングリッシュラベンダーは、もっとも名高いハーブで、薬草としてよく用いられます。

 

花は淡紫~濃青紫の優しい雰囲気の花を咲かせます。

薬効成分も高く、茎や葉や花から強い芳香を放ちます。

精油は浴剤やマッサージオイルに、香りは安眠効果に、つぼみはポプリやリースに。花の部分はハーブティーやジャムなどに利用されます。別名は「スパイカ ラベンダー」です。

 


●フレンチラベンダー

 

フレンチラベンダーは、高級な精油が取れるハーブで、葉と茎は銀色に輝いて見えます。

暑さにとても強いので、関東以西でも栽培できます。

 

もっとも高級な精油が採取できるのがフレンチラベンダーで、リラックス効果や頭痛などの痛みを和らげたり、高血圧にも効果があるとされます。別名は「ストエカス ラベンダー」です。

 


●レースラベンダー

 

レースラベンダーは、羽のような銀葉を持ち、香りはあまり強くありません。草姿が美しいラベンダーです。

 


●ラバンディンラベンダー

 

ラバンディンラベンダーは、ほのかに甘い香りを持ち、暑さ寒さに強いので温暖地にも向きます。

 

 

 

-----  花屋を銀座近辺でお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営業。自店配達もしています。


オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのおしゃれなギフトにします。


取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc


〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F


tel:03-5550-9295