明日の花言葉 ~10月9日~ │ 花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ

2019/10/08
花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ 花言葉 誕生花 ホトトギス

明日の誕生花とその花言葉をご紹介しています。

 

 

そもそも誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花です。
1~12月までその月の誕生花が決められているだけでなく、
1~31日まですべての日に花があてはめられています。
(その日ごとに数種類の誕生花があります)


お花のギフトを贈る際のご参考にしてはいかがでしょうか。

 

 


明日、 10月9日の誕生花は


【   ホトトギス   】

 
花言葉は... 「永遠にあなたのもの」 「秘めた意志」

 


【プロフィール】

 

●ユリ科  ホトトギス属  多年草
●学名    Tricyrtis spp.
●花期       9月~11月
●和名    杜鵑草(ホトトギス)
●別名    油点草(ユテンソウ)
●英名    Japanese Toad lily
●原産     日本、台湾、朝鮮半島、中国南部原産

 


ホトトギス(杜鵑草)は日本や台湾、朝鮮半島、中国南部に約20種が分布している耐寒性の多年草です。

 

 

日本には10種が自生し、観賞目的に栽培されていて、野趣あふれる日本の代表的な山野草のひとつです。

 

 

ホトトギスの花は、先端から開花して垂れ下がるようにして咲きます。斑点模様が特徴的で、花色は赤紫のほか、赤・ピンク・黄・オレンジ・青・白などがあります。

 

 

鳥のホトトギスは、古くは霊長とされていたので、この花も格調高い特別な花とされていて、茶花や生け花に古くから利用されていて、もちろん現代でも秋を代表する日本のお花です。

 

 


【名前の由来】

 

属名の学名、「トリキルティス(tricyrtis)」は、ギリシャ語の「treis(3つ)」と「 kyrtos(曲)」という意味の言葉の組み合わせで、この花の基部が曲がって3つの距があることに由来します。

 

 

和名の「杜鵑草(ホトトギス)」は、紫の斑点が鳥のホトトギスの胸毛と似ているために名づけられました。

 

また、花に油が垂れたような斑点があることから、別名は漢名の「油点草(ユテンソウ)」とも呼ばれています。

英名は「Japanese Toad lily(ジャパニーズ・トードリリー)」です。

 

 


【花言葉の由来】

 

花言葉の「永遠にあなたのもの」「秘めた意志」は、夏の終わりから晩秋の長い期間、日陰でひっそりと、しかし力強く咲き続けるホトトギスの様子が、一心に思う心を連想した花言葉です。

 

 

 

【ホトトギスの種類】

 

●シロホトトギス●

 

ホトトギスの特徴である斑点がない、白い花を咲かせる品種です。
日本固有種の1つで、北海道から九州の広い地域に分布しています。

 


●ヤマジノホトトギス●

 

日本各地に生息し、山野の林内に生育することから「山路の(ヤマジノ)」と名付けられました。花色は白く、紫の斑点は少なめで、6枚の花びらを水平に咲かせます。

 


●ヤマホトトギス●

 

ヤマジノホトトギスとよく似た品種で、下向きに強く反り返った花びらが特徴です。

 


●キバナホトトギス●

 

九州南東部に自生しており、名前の通り鮮やかな黄色の花に赤紫色の斑点が入る品種です。

 


●タカクマホトトギス●

 

淡い黄色の大輪の花を咲かせる品種です。キバナホトトギスによく似た花を咲かせます。

 


●ジョウロウホトトギス●

 

日本固有種で、高知県や四国の太平洋側の地域に自生しています。
花は葉腋に釣鐘型の花を咲かせます。外側が黄色い花で、内側に紫色の斑点があります。つぼみは上向きにつけますが、徐々に下垂し開花します。

 


●タマガワホトトギス●

 

北海道~九州までの冷温地域に分布している日本固有の品種で、黄色の花びらと赤紫色の斑点が特徴です。

 


●セトウチホトトギス●

 

白い花に紫色の斑点が入る品種です。基部に黄色い模様が入る花を咲かせます。

 


●タイワンホトトギス●

 

台湾原産の品種です。ホトトギスの中では日光にもやや耐性があり、丈夫な性質から交配によって多くの品種を作り出しています。

 

 

 

【ホトトギスの悲劇伝説】

 

ある山奥に、貧しいながらも仲良く暮らす二人の兄弟がいました。

 

兄が突然病に倒れ、目から光を失ってしまいます。

 

弟は兄の為に、病気が良くなるようにと、栄養のあるおいしい物を食べさせて、自分は木の皮などの貧しい食事をしていました。

 

弟は、そんな自分の様子を知られまいと兄にはその事を隠していました。

 

兄は、そんな弟の気持ちは知らずに、自分の目が見えない事をいい事に、弟はおいしいものをたくさん食べていると思っていました。

 

そして兄はとうとう、弟を刃物で殺してしまいました。

 

その時、返り血が兄の目に入ると不思議なことに兄の視力は回復しました。

 

そして兄が見たのは。細く痩せこけた弟が木の皮を噛んでいる姿でした。

 

兄は「おとと(弟)恋し」と鳴き、鳥になってしまいました。

 

そしてそのまま、喉から血を出しホトトギスの花となってしまいました。

 

 

 


-----  花屋を銀座近辺でお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営業。自店配達もしています。


オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのおしゃれなギフトにします。


取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc


〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F


tel:03-5550-9295