明日の花言葉 ~11月8日~ │ 花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ

2019/11/07
花屋を銀座でお探しならKT.Flowerへ 花言葉 誕生花 ダイモンジソウ

明日の誕生花とその花言葉をご紹介しています。

 

 

そもそも誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花です。
1~12月までその月の誕生花が決められているだけでなく、
1~31日まですべての日に花があてはめられています。
(その日ごとに数種類の誕生花があります)


お花のギフトを贈る際のご参考にしてはいかがでしょうか。

 

 


明日、 11月8日の誕生花は


【   ダイモンジソウ(大文字草)   】

 
花言葉は... 「自由」 「好意」 「不調和」 「節度」

 

 

 

【プロフィール】

 

●ユキノシタ科  サキシフラガ属  多年草
●学名    Saxifraga fortunei var. incisolobata
●花期       9月~11月
●和名    大文字草(ダイモンジソウ)
●別名    岩蕗(イワブキ)、庭蕗(ニワブキ)
●原産     日本・南千島・朝鮮半島

 

 

ダイモンジソウ(大文字草)は、日本の本州・四国・九州・北海道に分布し、川沿いの岩場や山地の岩壁などに生える山野草で、ユキノシタの仲間です。

 


9月~11月にかけて30cmほどの花茎の上に白色花を横向きに咲かせます。

 


花色は原種の白色のほかに、ピンクや紅色で、花びらの数が多い星咲きタイプや短弁タイプ、花びらの丸いタイプ、八重咲きなどの園芸品種があります。

 


一つひとつの花びらの大きさが違い、5弁花のうち上の3弁が下の2弁より小さいのが特徴です。

 


ユキノシタと同様に、薬用効果があるようで、夏から秋の花の咲いている時期に、全草を採取して天日で乾燥させ、煎じて服用することにより、利尿、頻尿、むくみ、便秘などに効果があるといわれ、古くから山間の僻地地方では利用されてきたそうです。

 

 


【名前の由来】

 

属名の学名「Saxifraga(サキシフラガ)」は、ラテン語の「saxum(石)」と「frangere(砕く・割る)」が語源で、「尿の結石を溶かす作用がある」や、「岩石の割れ目に生える」などの諸説あります。

 


和名の「大文字草(ダイモンジソウ)」は、花弁が開くと人が手を広げたような「大」の字に見えることかが由来となっています。


また、葉がフキ(蕗)に似ていて岩場にへばりつくように自生することから「岩蕗(イワブキ)」や「庭蕗(ニワブキ)」とも呼ばれています。

 

 


【花言葉の由来】

 

花言葉の「自由」「不調和」は、長さが微妙に違う花びらの様子にちなんでいるとされています。

 

 


【ダイモンジソウは食べられる?】

 

葉の形状がユキノシタに似ていると紹介したダイモンジソウですが、ユキノシタと言えば、若い葉を天ぷらや和え物として食用されることが知られています。

 


ダイモンジソウも同様に、山間の僻地などでは古くから食材としても親しまれているようです。

 


現在では見かけることも難しい植物なのに、昔はある意味、今より豊かだっのかもしれません。

 

 

 


-----  花屋を銀座近辺でお探しならKT.Flowerへ  -----
深夜24:00まで営業。自店配達もしています。


オーダー制の花屋であなたの想いを世界でたった一つのおしゃれなギフトにします。


取扱商品:フラワーアレンジメント、花束、ブーケ、胡蝶蘭、スタンドフラワー、バルーンフラワー、
シャボンフラワー、プリザーブドフラワー、シャンパンタワー、生け込み、店舗装飾、、、etc


〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-2
ダイセンビル1F


tel:03-5550-9295